MENU

看護師を辞める前に職場を変えてみよう

皆さんは看護師として働いていて、一番辞めたいと思ったのはいつ頃でしょうか?私は新人の頃でした。病棟で働きだして3ヶ月を過ぎた頃が一番「看護師を辞めてしまいたい」という思いがピークでした。何をしてもモタモタしてしまい、思ったように動けずに先輩から「前も教えたでしょう」と注意をされる度に、自分の力量不足に歯がゆさを感じました。「こんな自分は看護師を続けていてはいけないんじゃないか」とまで思うようになりました。今思えば、新人がミスするのは仕方ありません。むしろ小さな失敗をせずに、大きな失敗をする方が恐ろしいです。先輩にも教えることが得意な人もいれば不得意な方もいらっしゃいます。(中には本当に意地悪な人もいますが…)職場の問題もあります。職場によっては新人教育に力を入れていないところもあります。そんな職場では育つ人材も育ちません。看護師技術は3年や4年の座学と実習だけで身に付くものではありません。プリセプターだけでなく、病棟全体で新人教育に力を入れている病院もあります。せっかく取得した国家資格ですので、「看護師を辞めてしまいたい」と思っていたら、看護師の仕事が嫌いになる前に職場を変えてみて働いてみることをお勧めします。人間関係や環境を新しくすることも一つの手段です。私も職場を変えてからそれまでが嘘のように毎日楽しく仕事に取り組むことができました。同じ仕事の内容でも、誰と一緒に行うかで違ってきます。

 

憧れと現実のギャップで看護師を辞めたいと思ったら

看護師が仕事を辞める理由として多く上げる理由が「理想と現実のギャップがあり仕事を続ける自信がありません」というものです。特に「幼いころ、病気がちだった私を励ましてくれた看護師さんが素敵だったから」「私も病気の人を笑顔で元気づける人になりたいから、看護師を目指しました」とキラキラした目で語る方はそう言って辞めていく方が多かったように感じます。看護師としての理想像があまりにも大きすぎるため、そのレベルに到達できない自分を許すことができないからだと思います。もし貴方が新人であるならば、現実と理想は違いがあって当然です。看護の仕事は頭も体も使ったとてもハードな仕事です。「患者さん一人ひとりに寄り添った看護をしたい」そう思っていても、患者さんは一人ではありません。一日の業務を終えるだけで精一杯です。看護師の仕事は命を扱うとても責任の重い仕事です。理想や憧れだけで勤まる仕事ではありません。それに、自分が思い描いていた看護師像が患者様から受け入れられるような、自己満足だけでできる仕事でもありません。いくら頑張ってみても、感謝されず、何のために身を粉にして仕事をしているのかわからなくなる時もあります。ですが看護師の仕事はとても素晴らしいと心からいえます。しかし、素晴らしいが故に自分に勤まるのかと不安になることもあります。不安な状態が続くことで、毎日が辛くなり看護の仕事全てが嫌いになっていきます。そうなる前に、職場の先輩に相談してみましょう。何が不安であるのかをハッキリとさせ、改善する努力をすることで現実と理想のギャップは埋まっていきます。

看護師の辞める理由

看護師が仕事を辞める理由として、看護業務が激務であることが上げられます。なぜこれほど忙しいのでしょうか?看護師業務が激務なのは、人員の不足によるものが大きな理由です。では、看護師の人数を増やせば問題が解決するかといえば、そんな簡単な話ではありません。看護師免許を持っていながら、看護師の仕事を選ばない潜在看護師が日本には55万人以上いると言われています。苦労をして国家資格を取得したにも関わらず、看護師の仕事がトラウマとなった方は、もう二度と看護師の職場へは戻ってきません。人間関係などのストレスも多く仕事が激務になることで、また人が辞めていく、辞めた人の分まで仕事が増え、また激務になるという悪循環が続いています。その悪循環を断ち切るために、新人教育に力を入れている病院も多くなりましたが、現場の看護師にしてみれば通常の業務に加えてさらに新人教育の業務が増えたことになります。新人だから失敗すると頭では理解していても、自分の仕事も同時進行して行わなければならないため、ついついキツイ口調で指導してしまいます。しばらくして冷静になってから「あんな厳しいこと言わなければよかった」と後悔することも1度や2度ではありませんでした。新人看護師もベテランの看護師も悩んでいることは多少違いますが、皆自分のことで精一杯になってしまうのは共通の問題と言えるでしょう。看護師不足を根本から解決する方法を考えなければ、解決しない難題です。

看護師以外の転職先

看護師免許を取得したからと言って、必ずしも看護師として働かなければならないということはありません。2004年の時点で日本には看護師免許を有していながら、看護師の仕事をしていない潜在看護師が約55万人以上いると言われています。看護師は女性が多い職種であるため、女性が働きやすい職場であると思われがちですが、業務内容としては肉体的な労働も多く、夜勤などもあり出産や子育てを考えると、一概に女性が働きやすい職場であるとは言い切れません。そのため、看護師とは全く関係のない業界へ転職される方も増えています。しかし、全く別の業界への就職先に、看護師として働いていた時と同等の給料を求めると、転職は厳しくなります。ハローワークなどでも、「以前の職場と同じくらいの給料で仕事を探すなら、看護師の仕事しかありませんよ」とキッパリ言われました。しかし、逆に言いと給料にさえ拘らなければコンビニの店員から一般会社の事務まで、仕事は沢山あります。違う職種を経験することで、看護師の仕事の魅力に気付き、また看護師として働く方もおられます。私は一時期、出版業界で働いていましたが、医療系の記事を書く時などは、看護師として得た知識がとても役立ちました。他職種へ転職する際看護師免許は役に立たないかもしれませんが、得た知識は意外なほど役に立つことがあります。「自分に○○はできない」と決めつけずに、「こんな経験・仕事してみたい」という気持ちで行動してみてもいいかもしれません。